アンチヒーロー明墨と伊達原の関係は?12年前の事件で何があったか徹底考察!

アンチヒーロー明墨と伊達原の関係は?12年前の事件で何があったか徹底考察!

日曜劇場『アンチヒーロー』の第4話が5月5日に放送されました。

ようやく明墨の目的が明らかになった第4話は、1秒たりとも目が離せない回でしたね。

明墨が直接赤峰や紫ノ宮に自分の過去について語るものかと思っていましたが、まさか赤峰が自分の考えとして話すとは思いもよりませんでした。

また、謎の男・志水が関わっていた12年前の事件についても少しずつ詳細がわかり始めましたね。

明墨のことを拒否するような発言をしていたので、今後どのように関わっていくのでしょうか。

そして何より気になるのは、次回はとうとう伊達原と明墨の直接対決が見られそうなことですよね!

日曜劇場らしさ全開の悪い顔を見せる野村萬斎さんとダークヒーローを演じている主演の長谷川博己さんの直接対決なんて、見逃せません!

そんなわけで今回は、ドラマ『アンチヒーロー』明墨と伊達原の関係についてと12年前の事件について考察していきます!

 

アンチヒーロー明墨と伊達原の関係は?

明墨と伊達原の関係はまだ明らかになっていません。

現時点でわかっていることから予測できる関係は以下の通りです。

  1. 元上司と部下
  2. 教師と生徒

細かく見ていきましょう!

 

①明墨と伊達原は元上司と部下だった?

明墨は伊達原の元部下だった可能性があります。

明墨は伊達原のことを「先生」と、伊達原は明墨のことを「明墨くん」と呼んでいました。

このことから、伊達原は明墨より上の立場であることがわかります。

社会人で上下関係がはっきりしているとなると、上司と部下という関係が一番しっくりきますよね。

教師と生徒だった可能性も多少はあると思いますが、やはり上司と部下であった可能性が非常に高いでしょう。

 

②明墨と伊達原は教師と生徒だった?

明墨は伊達原の生徒だったのかもしれません。

伊達原のことを「先生」と呼んでいたので、教師と生徒だった可能性があります。

常勤ではなかったとしても、特別講師として教壇に立った伊達原の講義を受け、何らかの形で師事していたとも考えられるでしょう。

検事を目指していた時の明墨が優秀な検事だったであろう伊達原に憧れを抱いていたとしてもおかしくはありませんよね。

現在の明墨の言動から、学生時代も優秀だったと考えられます。

特別講師として自分の部下になるかもしれない人間を見定めていたのだとしたら、優秀な学生が目に留まり、直接指導する機会を設けていたかもしれません。

 

アンチヒーロー12年前の事件で何があった?

12年前、糸井一家殺人事件が起きました。

ようやく12年前の事件の詳細が明らかとなりました。

ですがまだまだ分からないことが多いです。

現段階で分かっていることと今後考えられる展開をまとめましたので、ご紹介します。

 

事実①12年前の事件の詳細

事件の詳細は以下の通りです。

  • 日時→12年前の2012年
  • 現場→千葉県千葉市花見川区の閑静な住宅街
  • 概要→殺人事件
  • 会社員の糸井誠(42歳)、その妻の恵理子(33歳)、そして娘の菜津(9歳)が被害に遭う
  • 金品は盗まれていないため、知り合いの怨恨による殺人と考えられた
  • 犯人には死刑判決が下されている

 

事実②謎の男の正体

謎の男の正体は、志水裕策という男性でした。

12年前に起きた糸井一家殺人事件の犯人として、死刑判決を言い渡されています。

当初は犯行を否定していましたが、のちに犯行を認めたことから第一審で死刑判決が下りました。

そして弁護人は控訴することなく、志水裕策はそのまま死刑囚として監獄の中で生活しています。

そんな志水裕策は面会に来た明墨に対して「静かに死にたいんです」と伝え、もう手紙を送らないことと面会に来ないことをお願いされ、関わることを拒否されました。

そんなことを言わせてしまった明墨はさぞ悔しかったことと思いますが、明墨は「必ず無罪にする」と決意を新たにしていました。

 

考察①本当に志水裕策が犯人なのか?

志水裕策は犯人でない可能性があります。

明墨が「必ず無罪にする」と言っている以上、何か裏があるように思えてなりませんよね。

また千葉県警の刑事部長であり紫ノ宮の父親でもある倉田と伊達原の会話や、紫ノ宮の父に対する疑念、明墨と伊達原の関係性などからも、12年前の事件が志水裕策を犯人にしたまま終わるとは考えにくいです。

なにより明墨が本当に犯罪を犯している人間を放置し、無罪の人間を死刑囚のままにするなんてありえないでしょう。

怪しかったり、悪人のようだったりする明墨ですが、冤罪を放置できるような人ではないはずです。

 

まとめ

今回は、ドラマ『アンチヒーロー』明墨と伊達原の関係についてと12年前の事件について考察してみました。

第1話の放送からずっと気になっていた明墨が過去に関わっていた事件の詳細が明らかとなったことで、少しすっきりした部分がありましたね。

とはいえ今回の放送でも明墨と伊達原の関係性など、気になることが増えたので結局プラスマイナスゼロでした(笑)

謎の男が犯人とされている12年前の事件がどのような結末を迎えるのか、早くすべてが明らかになってほしいものですね。

次の放送まで長いですが、見逃し配信や解説放送版で復習をし、伏線などの見逃しがないように備えましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする